CALayerクラス

2011. 09. 20
●概要

CALayerクラスは、レイヤツリーオブジェクトのためのモデルクラスです。

座標系を定義するレイヤの位置、サイズ、変換をカプセル化します。

また、レイヤの時間空間を定義するCAMediaTimingプロトコルを採用することによって、アニメーションとレイヤの継続期間と速度をカプセル化します。



●タスク

●レイヤの生成


+ layer
– init
– initWithLayer:

●表示レイヤへのアクセス


– presentationLayer
– modelLayer

●レイヤのジオメトリの変更


  frame    property
  bounds    property
  position    property
  zPosition    property
  anchorPointZ    property
  anchorPoint    property
  contentsScale    property
– affineTransform
– setAffineTransform:
  transform    property
  sublayerTransform    property

●レイヤコンテンツの提供


  contents    property
  contentsRect    property
  contentsCenter    property
– display
– displayLayer:    delegate method
– drawInContext:
– drawLayer:inContext:    delegate method
  opaque    property
  edgeAntialiasingMask    property
– contentsAreFlipped
  geometryFlipped    property

●スタイルの属性


  contentsGravity    property
  opacity    property
  hidden    property
  masksToBounds    property
  doubleSided    property
  mask    property
  cornerRadius    property
  borderWidth    property
  borderColor    property
  backgroundColor    property
  backgroundFilters    property
  shadowOpacity    property
  shadowRadius    property
  shadowOffset    property
  shadowColor    property
  shadowPath    property
  filters    property
  compositingFilter    property
  style    property
  minificationFilter    property
  minificationFilterBias    property
  magnificationFilter    property

●レイヤ階層の管理


  sublayers    property
  superlayer    property
– addSublayer:
– removeFromSuperlayer
– insertSublayer:atIndex:
– insertSublayer:below:
– insertSublayer:above:
– replaceSublayer:with:

●レイヤ表示の更新


– setNeedsDisplay
  needsDisplayOnBoundsChange    property
– displayIfNeeded
– needsDisplay
+ needsDisplayForKey:
– setNeedsDisplayInRect:

●レイヤのアニメーション


– addAnimation:forKey:
– animationForKey:
– removeAllAnimations
– removeAnimationForKey:
– animationKeys

●レイヤのリサイズとレイアウトの管理


– setNeedsLayout
  name    property
– preferredFrameSize
– layoutIfNeeded
– layoutSublayers
– needsLayout

●アクション


  actions    property
+ defaultActionForKey:
– actionForKey:
– actionForLayer:forKey:    delegate method

●時間空間と座標間のマッピング


– convertPoint:fromLayer:
– convertPoint:toLayer:
– convertRect:fromLayer:
– convertRect:toLayer:
– convertTime:fromLayer:
– convertTime:toLayer:

●ヒットテスト


– hitTest:
– containsPoint:

●レンダリング


– renderInContext:
  shouldRasterize    property
  rasterizationScale    property

●スクロール


  visibleRect    property
– scrollPoint:
– scrollRectToVisible:

●デリゲートの変更

  delegate    property

●キー値コーディングの拡張

– shouldArchiveValueForKey:
+ defaultValueForKey:



●プロパティ

opaque

@property(getter=isOpaque) BOOL opaque

このプロパティは、レイヤが生成するコンテンツに直接影響を与えます。

デフォルトはNOです。

このプロパティは、開発者によって提供された画像に対して直接効果を与えるものではないことに注意してください。

このプロパティは、setNeedsDisplayが呼び出された時にのみ発動して影響を与えるもので、その後displayはdrawInContext:メソッドが描画するためのビットマップを生成します。

その場合、生成されたビットマップがアルファチャンネルを持っているかどうかは、このプロパティの値によって定義されます。

この値はcontentsプロパティでデベロッパによって提供された画像に対して、直接効果は与えません。



●クラスメソッド



●インスタンスメソッド



●デリゲートメソッド



●定数



参考文献

CALayer Class Reference






Bose QuietComfort 20
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

Bose QuietComfort 20
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR