Foundation Constants

2014. 04. 22
・フレームワーク
Foundation/Foundation.h

・宣言
FoundationErrors.h
NSByteOrder.h
NSDecimal.h
NSError.h
NSException.h
NSObjCRuntime.h
NSPathUtilities.h
NSURLError.h
objc/NSObjCRuntime.h



●概要

このドキュメントは、特定のクラスに関連付けされていないFoundationフレームワークの定数を定義しています。



●定数


列挙型)

NSNotFound

要求した項目が見つからない、または存在しないことを示す値を定義します。

enum {
    NSNotFound = NSIntegerMax
};

定数

NSNotFound
要求された項目が見つからない、または存在しないことを示す値です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSObjCRuntime.hで宣言。

解説
NSNotFoundは通常、文字列オブジェクト内の文字やNSArrayオブジェクトのidなど、シリアルデータ内の項目を検索して索引を返す、様々なメソッドや関数で使用されています。

特別な考慮事項
Mac OS X v10.5より以前は、NSNotFoundは0x7fffffffと定義されていました。
32ビットシステムでは、NSIntegerMaxと事実上同じでした。
64ビット環境をサポートするため、NSNotFoundは現在NSIntegerMaxとして正式に定義されています。
即ちこの値は、32ビットと64ビット環境では異なることを意味します。
したがってファイルやアーカイブ内で直接値を保存しないでください。
更に32ビットと64ビット間の工程で値を送信する際、分散オブジェクトを介して他方のNSNotFoundを取得しないでください。
これは(配列のプロキシに送信される)NSArrayのindexOfObject:など、NSNotFoundを返す可能性のある分散オブジェクト上で呼び出される全てのCocoaメソッドに適用されます。


NSComparisonResult

これらの定数は、要求内の項目を順序立てる方法を示すために使用されます。

enum {
    NSOrderedAscending = -1,
    NSOrderedSame,
    NSOrderedDescending
};
typedef NSInteger NSComparisonResult;

定数

NSOrderedAscending
左オペランドが右オペランドよりも小さい。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSObjCRuntime.hで宣言。

NSOrderedSame
2つのオペランドが等しい。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSObjCRuntime.hで宣言。

NSOrderedDescending
左オペランドが右オペランドよりも大きい。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSObjCRuntime.hで宣言。

解説
これらの定数は要求内の項目を、メソッドまたは関数の呼び出しで指定した最初の項目から最後に向かって(つまりコードの左から右へ)順序立てる方法を示すために使用されます。


NSSearchPathDirectory

これらの定数は、NSFileManagerメソッドのURLsForDirectory:inDomains:URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error:によって、ディレクトリの様々な場所を指定するものです。

enum {
    NSApplicationDirectory = 1,
    NSDemoApplicationDirectory,
    NSDeveloperApplicationDirectory,
    NSAdminApplicationDirectory,
    NSLibraryDirectory,
    NSDeveloperDirectory,
    NSUserDirectory,
    NSDocumentationDirectory,
    NSDocumentDirectory,
    NSCoreServiceDirectory,
    NSAutosavedInformationDirectory = 11,
    NSDesktopDirectory = 12,
    NSCachesDirectory = 13,
    NSApplicationSupportDirectory = 14,
    NSDownloadsDirectory = 15,
    NSInputMethodsDirectory = 16,
    NSMoviesDirectory = 17,
    NSMusicDirectory = 18,
    NSPicturesDirectory = 19,
    NSPrinterDescriptionDirectory = 20,
    NSSharedPublicDirectory = 21,
    NSPreferencePanesDirectory = 22,
    NSItemReplacementDirectory = 99,
    NSAllApplicationsDirectory = 100,
    NSAllLibrariesDirectory = 101
};
typedef NSUInteger NSSearchPathDirectory;

定数

NSApplicationDirectory
サポートされているアプリケーション(/Applications)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDemoApplicationDirectory
サポートされていないアプリケーションやデモンストレーションバージョン。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDeveloperApplicationDirectory
開発者向けアプリケーション(/Developer/Applications)。
非推奨:Xcode 4.3の時点でDeveloperおよびApplicationsディレクトリは無くなりました。
Xcode.appはユーザのApplicationsディレクトリにインストールされる自己完結型のアプリケーションであり、デフォルトでは何処にでも置くことができます。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSAdminApplicationDirectory
システムとネットワークの管理アプリケーション。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSLibraryDirectory
ユーザに見える色々なドキュメント、サポート、構成ファイル(/Library)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDeveloperDirectory
開発者向けリソース(/Developer)。
非推奨:Xcode 4.3の時点でDeveloperおよびApplicationsディレクトリは無くなりました。
Xcode.appはユーザのApplicationsディレクトリにインストールされる自己完結型のアプリケーションであり、デフォルトでは何処にでも置くことができます。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSUserDirectory
ユーザのホームディレクトリ(/Users)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDocumentationDirectory
ドキュメント。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDocumentDirectory
ドキュメントのディレクトリ。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSCoreServiceDirectory
core servicesの場所(System/Library/CoreServices)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSAutosavedInformationDirectory
ユーザのドキュメントを自動保存する場所(Library/Autosave Information)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDesktopDirectory
ユーザのデスクトップディレクトリの場所。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSCachesDirectory
破棄可能なキャッシュファイルの場所(Library/Caches)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSApplicationSupportDirectory
アプリケーションサポートファイルの場所(Library/Application Support)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSDownloadsDirectory
ユーザのダウンロードディレクトリの場所。
NSDownloadsDirectoryフラグは、NSUserDomainMaskが提供されている場合のみパスを生成します。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSInputMethodsDirectory
入力メソッドの場所(Library/Input Methods)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSMoviesDirectory
ユーザのMoviesディレクトリの場所(~/Movies)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSMusicDirectory
ユーザのMusicディレクトリの場所(~/Music)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSPicturesDirectory
ユーザのPicturesディレクトリの場所(~/Pictures)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSPrinterDescriptionDirectory
システムのPPDディレクトリの場所(Library/Printers/PPDs)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSSharedPublicDirectory
ユーザのPublic共有ディレクトリの場所(~/Public)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSPreferencePanesDirectory
システムの環境設定で使用する、PreferencePanesディレクトリの場所(Library/PreferencePanes)。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSItemReplacementDirectory
NSFileManagerのメソッドURLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error:で使用します。
iOS 4.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSAllApplicationsDirectory
アプリケーションが存在することができる全てのディレクトリ。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSAllLibrariesDirectory
リソースが存在できる全てのディレクトリ。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。


NSSearchPathDomainMask

NSSearchPathDirectory型の基本となる場所を指定する、検索パスドメインの定数です。
これらの定数は、NSFileManagerメソッドのURLsForDirectory:inDomains:URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error:によって使用されます。

enum {
    NSUserDomainMask = 1,
    NSLocalDomainMask = 2,
    NSNetworkDomainMask = 4,
    NSSystemDomainMask = 8,
    NSAllDomainsMask = 0x0ffff,
};
typedef NSUInteger NSSearchPathDomainMask;

定数

NSUserDomainMask
ユーザのホームディレクトリで、ユーザの個人的なアイテムをインストールする場所です(~)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSLocalDomainMask
現在のマシンの場所で、このマシンで誰でも利用することができるアイテムがインストールされている場所です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSNetworkDomainMask
ローカルエリアネットワークで一般に利用できる場所で、ネットワーク上で利用できるアイテムがインストールされている場所です(/Network)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSSystemDomainMask
Appleが提供している場所で、変更することはできません(/System)。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

NSAllDomainsMask
全てのドメイン。
将来追加される全てのアイテムを含みます。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSPathUtilities.hで宣言。

宣言
NSPathUtilities.h



グローバル変数)



数値定数)



例外)


一般的な例外名

NSExceptionによって定義される例外です。

extern NSString *NSGenericException;
extern NSString *NSRangeException;
extern NSString *NSInvalidArgumentException;
extern NSString *NSInternalInconsistencyException;
extern NSString *NSMallocException;
extern NSString *NSObjectInaccessibleException;
extern NSString *NSObjectNotAvailableException;
extern NSString *NSDestinationInvalidException;
extern NSString *NSPortTimeoutException;
extern NSString *NSInvalidSendPortException;
extern NSString *NSInvalidReceivePortException;
extern NSString *NSPortSendException;
extern NSString *NSPortReceiveException;
extern NSString *NSOldStyleException;

定数

NSGenericException
例外の総称です。
通常はより具体的な例外名を使用する必要があります。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSRangeException
文字列の終端を超えるなど、データの境界外へのアクセスを試みた時に生じる例外の名前です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSInvalidArgumentException
非nilオブジェクトが要求されているところにnilポインタを指定するなど、メソッドに無効な引数を渡した時に生じる例外の名前です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSInternalInconsistencyException
内部アサーションが失敗し、呼び出したコード内で予期しない状態が起こった時に生じる例外の名前です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSMallocException
廃止されています。現在使用されていません。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSObjectInaccessibleException
リモートオブジェクトがアクセスしてはいけないスレッドからアクセスされた時に生じる例外の名前です。
詳細はNSConnection(Mac OS X)のenableMultipleThreadsを参照してください。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSObjectNotAvailableException
オブジェクトがベンドされていないため、NSConnection(Mac OS X)のリモート側がオブジェクトへのメッセージ送信を拒否された時に生じる例外の名前です。
(『The comp.lang.objective-C FAQ listing 日本語訳/リモートオブジェクト間でメッセージを転送するにはどうすればよいですか』参照)
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSDestinationInvalidException
内部アサーションが失敗し、分散オブジェクト内で予期しない状態が起こった時に生じる例外の名前です。
これは分散オブジェクト固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSPortTimeoutException
送信または受信動作中にポートで設定していた期限がタイムアウトした時に生じる例外の名前です。
これは分散オブジェクト固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSInvalidSendPortException
NSConnection(Mac OS X)の送信ポートが無効になった時に生じる例外の名前です。
これは分散オブジェクト固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSInvalidReceivePortException
NSConnection(Mac OS X)の受信ポートが無効になった時に生じる例外の名前です。
これは分散オブジェクト固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSPortSendException
送信時に一般的なエラーが発生しました。
これはNSPort固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSPortReceiveException
受信時に一般的なエラーが発生しました。
これはNSPort固有の例外です。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

NSOldStyleException
現在使用されていません。
iOS 2.0以降で利用可能。
NSException.hで宣言。

宣言
NSException.h


バージョン番号)



参考文献

Foundation Constants Reference

The comp.lang.objective-C FAQ listing 日本語訳/リモートオブジェクト間でメッセージを転送するにはどうすればよいですか






Bose QuietComfort 20
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

Bose QuietComfort 20
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR