情報プロパティリストキー(3)~Core Foundationキー(1)

2012. 03. 19
Core Foundationキー

Core Foundationフレームワークはバンドルの基礎となる基盤を提供し、実行時にバンドルの読み込みと構造の解析に使用されるコードを格納します。

その結果、フレームワークによって認識されるキーの多くは、バンドル自体の定義の基礎となり、バンドルの内容を決定する手段となります。

Core Foundationキーは他のキーと識別するため、接頭辞CFを使用しています。

Core Foundationについての詳細は『Core Foundation Framework Reference』を参照してください。



キーの概要


表1はCore Foundationキーのアルファベット順のリストで、Xcodeのプロパティリストエディタでのキー名に対応しており、各キーの高レベルの説明と使用するプラットフォームを示しています。

各キーの詳細は以降の項で説明します。

表1 Core Foundationキーの概要

キーXcode名概要対応OS
CFAppleHelpAnchor"Help file”バンドルの初期HTMLヘルプファイル。
詳細は『CFAppleHelpAnchor』参照。
Mac OS X
CFBundleAllowMixed
Localizations
"Localized
resources can
be mixed”
フレームワークからローカライズされた
リソースを取得するためにFoundationツール
で使用される。
詳細は『CFBundleAllowMixed
Localizations
』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundle
DevelopmentRegion
“Localization
native
development
region”
(推奨)
バンドルのネイティブ地域。
通常は開発者のネイティブ言語に対応して
います。
詳細は『CFBundleDevelopmentRegion
参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleDisplayName“Bundle 
display name”
(推奨、ローカライズ可能)
バンドルの実際の名前。
詳細は『CFBundleDisplayName』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleDocument
Types
"Document
types”
バンドルでサポートされているドキュメント
タイプを記述する辞書の配列。
詳細は『CFBundleDocumentTypes』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleExecutable"Executable
file”
(推奨)
バンドルの実行可能ファイルの名前。
詳細は『CFBundleExecutable』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleHelpBook
Folder
"Help Book
directory
name”
バンドルのヘルプファイルを格納する
フォルダ名。
詳細は『CFBundleHelpBookFolder』参照。
Mac OS X
CFBundleHelpBook
Name
"Help Book
identifier”
ヘルプビューアがバンドル用に起動された
時に表示するヘルプファイル名。
詳細は『CFBundleHelpBookName』参照。
Mac OS X
CFBundleIconFile"Icon file”アプリケーションのアイコンを指定する従来
の方法。
代わりに『CFBundleIcons』または
CFBundleIconFiles』を使用します。
詳細は『CFBundleIconFile』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleIconFiles"Icon files”バンドルのアイコン画像ファイル名を指定
するためのトップレベルのキー。
詳細は『CFBundleIconFiles』参照。
代替キーの『CFBundleIcons』も参照。
iOS 3.2
以降
CFBundleIconsNoneバンドルのアイコン画像ファイル名。
詳細は『CFBundleIconFiles』参照。
iOS 5.0
以降
CFBundleIdentifier"Bundle
identifier”
(推奨)
バンドルのアプリケーションタイプを指定
する識別文字列。
文字列は大文字と小文字のローマ字(A~Z、
a~z)とドット(.)、およびハイフン(-)
のみを使用した逆DNSフォーマットである
必要があります。
詳細は『CFBundleIdentifier』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleInfo
DictionaryVersion
"InfoDictionary
version”
(推奨)
Info.plistフォーマットのバージョン情報。
詳細は『CFBundleInfoDictionaryVersion
参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleLocalizations“Localizations”ローカライズされたリソースを処理する
アプリケーションのローカリゼーション
情報。
詳細は『CFBundleLocalizations』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleName"Bundle
name”
(推奨、ローカライズ可能)
バンドルの短い表示名。
詳細は『CFBundleName』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundlePackageType"Bundle OS
Type code”
バンドルタイプを識別する4文字コード。
詳細は『CFBundlePackageType』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleShort
VersionString
"Bundle
versions
string, short”
(ローカライズ可能)
バンドルのリリースバージョン番号の
文字列。
詳細は『CFBundleShortVersionString
参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleSignature"Bundle
creator OS
Type code”
バンドル制作者を識別する4文字コード。
詳細は『CFBundleSignature』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleURLTypes“URL types”バンドルでサポートされるURLスキームを
記述した辞書の配列。
詳細は『CFBundleURLTypes』参照。
iOS,
Mac OS X
CFBundleVersion"Bundle
version”
(推奨)
バンドルのビルドバージョン番号の文字列。
詳細は『CFBundleVersion』参照。
iOS,
Mac OS X
CFPlugInDynamic
Registration
"Plug-in
should be
registered
dynamically”
YESの場合はプラグインを動的に登録し、
それ以外の場合は静的に登録します。
詳細は『CFPlugInDynamicRegistration
参照。
Mac OS X
CFPlugInDynamic
RegistrationFunction
"Plug-in
dynamic
registration
function
name”
動的登録関数のカスタム名。
詳細は『CFPlugInDynamicRegister
Function
』参照。
Mac OS X
CFPlugInFactories"Plug-in
factory
interfaces”
静的登録のため、この辞書は一致する関数名
とUUIDのリストを格納します。
詳細は『CFPlugInFactories』参照。
Mac OS X
CFPlugInTypes"Plug-in
types”
静的登録のためのUUIDのリスト。
詳細は『CFPlugInTypes』参照。
Mac OS X
CFPlugInUnload
Function
"Plug-in 
unload
function name”
メモリからプラグインのコードをアンロード
する時に呼び出すカスタム関数名。
詳細は『CFPlugInUnloadFunction』参照。
Mac OS X



CFAppleHelpAnchor


CFAppleHelpAnchor(文字列/Mac OS X)は、バンドルの初期HTMLヘルプファイルから、.htmlまたは.htmを除いた名前を識別します。

このファイルはバンドルのローカライズされたリソースディレクトリ、またはローカライズされていない場合はResourcesディレクトリの直下に配置する必要があります。



CFBundleAllowMixedLocalizations


CFBundleAllowMixedLocalizations(ブール値/iOS、Mac OS X)は、バンドルがフレームワークからのローカライズされた文字列の検索をサポートしているかどうかを指定します。

このキーは、他のシステムフレームワークへリンクし、これらのフレームワークからローカライズされたリソースを取得するために、主にFoundationツールによって使用されます。



CFBundleDevelopmentRegion


CFBundleDevelopmentRegion(文字列/iOS、Mac OS X)は、バンドルのネイティブの地域を指定します。

このキーは通常、バンドルを記述した人のネイティブ言語に対応する文字列を格納します。

リソースがユーザの選択している地域や言語に対応していない場合、この値によって指定された言語がデフォルトの言語として使用されます。



CFBundleDisplayName


CFBundleDisplayName(文字列/iOS、Mac OS X)は、バンドルの表示名を指定します。

バンドルがローカライズされた名前をサポートしている場合、情報プロパティリストファイルと言語サブディレクトリのInfoPlist.stringsファイルの両方にこのキーを格納します。

またこのキーをローカライズする場合、CFBundleNameキーのローカライズバージョンを格納する必要があります。

バンドルをローカライズする予定が無い場合は、Info.plistファイルにこのキーを格納しないでください。

このキーを格納するとバンドル名の表示には影響しませんが、このキーのローカライズバージョンの検索をするためにパフォーマンスの低下を招きます。

バンドルのローカライズされた名前を表示する前に、Finderはファイルシステム内のバンドルの実際の名前に対して、このキーの値を比較します。

2つの名前が一致している場合、Finderはバンドルの適切なInfoPlist.stringsファイルから、ローカライズされた名前の表示に進みます。

名前が一致しない場合、Finderはファイルシステム名を表示します。

Mac OS Xでの表示名についての詳細は『File System Programming Guide(Mac OS X)』(iOS版:File System Programming Guide)を参照してください。



参考文献

Information Property List Key Reference

0 CommentsPosted in 資料





Bose SoundSport wireless headphones
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
WACOM


Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
BOSE

Bose SoundSport wireless headphones
ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
SQLite
OpenGL ES
Amazon


Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Profile

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

QR Code
QR
Visitors