新しいデータベース接続を開く

2011. 02. 13
int sqlite3_open(
    const char *filename,
    sqlite3 **ppDb
);
int sqlite3_open16(
    const void *filename,
    sqlite3 **ppDb
);
int sqlite3_open_v2(
    const char *filename,
    sqlite3 **ppDb,
    int flags,
    const char *zVfs
);
    
/* Database filename (UTF-8) */
/* OUT: SQLite db handle */


/* Database filename (UTF-16) */
/* OUT: SQLite db handle */


/* Database filename (UTF-8) */
/* OUT: SQLite db handle */
/* Flags */
/* Name of VFS module to use */

これらのルーチンは、引数filenameで指定した名前のSQLiteデータベースファイルを開きます。

引数filenameは、sqlite3_open()とsqlite3_open_v2()ではUTF-8、sqlite3_open16()ではUTF-16として、ネイティブのバイトオーダーで解釈されます。

database_connectionは、たとえエラーが発生しても、通常は*ppDbを返すように処理されます。

唯一の例外はSQLiteがsqlite3オブジェクトを保持するメモリを割り当てることができなかった場合で、*ppDbにはsqlite3オブジェクトへのポインタの代わりにNULLが書き込まれます。

データベースを(生成して)開くことに成功した場合、SQLITE_OKが返されます。

それ以外の場合はerror codeを返します。

sqlite3_errmsg()またはsqlite3_errmsg16()ルーチンは、後述するsqlite3_open()ルーチンでの失敗について英語の説明を取得するのに使用することができます。

データベースのデフォルトのエンコーディングは、sqlite3_open()とsqlite3_open_v2()を呼び出す場合はUTF-8、sqlite3_open16()を使用する場合はネイティブのバイトオーダーでUTF-16になります。

いずれにしても開いた時にエラーが発生した場合、不要となったdatabase_connectionに関連付けされたリソースを、sqlite3_close()に渡すことによって処理する必要があります。

sqlite3_open_v2()インターフェイスは、新しいデータベース接続を介して追加制御のために2つのパラメータを追加を受け取る以外は、sqlite3_open()のように動作します。

sqlite3_open_v2()のフラグパラメータは下記の3つの内の1つを指定し、オプションでSQLITE_OPEN_NOMUTEXSQLITE_OPEN_FULLMUTEXSQLITE_OPEN_SHAREDCACHESQLITE_OPEN_PRIVATECACHEフラグを結合します。

SQLITE_OPEN_READONLY
データベースを読み取り専用モードで開きます。
データベースが既に存在しない場合はエラーを返します。

SQLITE_OPEN_READWRITE
データベースを読み書き可能モードで開きます。
オペレーティングシステムによってファイルが書き込み保護されている場合は読み取り専用として開きます。
どちらの場合もデータベースが既に存在している必要があり、存在しない場合はエラーを返します。

SQLITE_OPEN_READWRITE | SQLITE_OPEN_CREATE
データベースを読み書き可能モードで開き、既に存在しない場合は生成します。
これは常にsqlite3_open()とsqlite3_open16()で使用される動作です。

3番目のパラメータは、sqlite3_open_v2()の場合には、上記で示した組み合わせの一つ、または上記で示した組み合わせの一つにSQLITE_OPEN_NOMUTEXSQLITE_OPEN_FULLMUTEXSQLITE_OPEN_SHAREDCACHESQLITE_OPEN_PRIVATECACHEフラグを結合させたものになり、その動作は未定義です。

SQLITE_OPEN_NOMUTEXフラグを設定した場合、コンパイル時または起動時にシングルスレッドモードに設定されていない限り、threading modeをマルチスレッドでデータベース接続を開きます。

SQLITE_OPEN_FULLMUTEXフラグを設定した場合、コンパイル時または起動時に予めシングルスレッドを選択していない限り、threading modeをシリアライズでデータベース接続を開きます。

SQLITE_OPEN_SHAREDCACHEフラグは、sqlite3_enable_shared_cache()を使用して共有キャッシュが有効になっているかどうかに関わらず、shared cache modeを使用して適格なデータベース接続をもたらします。

SQLITE_OPEN_PRIVATECACHEフラグは、たとえshared cache modeが有効であっても、共有しないデータベース接続をもたらします。

filenameが『:memory:』で且つプライベートの場合、一時的にメモリ内のデータベースは接続を生成します。

このメモリ内データベースは、データベースの接続が閉じた時に消滅します。

SQLiteの将来のバージョンでは、特別に追加された『:』文字で始まるfilenamesを使用して作成する可能性があります。

データベースのfilenameが実際に『:』文字で始まる時、曖昧さを避けるため、例えばpathnameの『./』をfilenameの前に付ける必要があります。

filenameが空の文字列で且つプライベートの場合、一時的なディスクの上にデータベースが生成されます。

このプライベートなデータベースは、データベース接続が閉じるとすぐに自動的に削除されます。

4番目のパラメータは、sqlite3_open_v2()の場合には、新しいデータベース接続が使うであろう、オペレーティングシステムのインターフェイスを定義したsqlite3_vfsオブジェクトの名前になります。

4番目のパラメータがNULLポインタの場合、デフォルトのsqlite3_vfsが使用されます。

Windowsユーザへの注意:

現在定義されているコードページに関わらず、sqlite3_open()とsqlite3_open_v2()の引数filenameに使用するエンコーディングはUTF-8にする必要があります。

ファイル名が国際文字を含む場合は、sqlite3_open()またはsqlite3_open_v2()に渡す前にUTF-8に変換する必要があります。

ObjectsConstantsFunctionsの一覧を参照してください。



参考文献

Opening A New Database Connection

0 CommentsPosted in SQLite





Bose QuietComfort 20
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

Bose QuietComfort 20
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR