Cells(4)~nibファイルからの読み込み

2010. 11. 08
Cells(3)~サブクラスによるカスタマイズ』において、nibファイルからカスタマイズしたテーブルセルを読み込む部分が、旧版の説明では動かないという話がありました。

- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
    static NSString *cellTableIdentifier = @"CellTableIdentifier";
    UITableViewCell *cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:cellTableIdentifier];

    if (cell == nil) {
        NSArray *nib = [[NSBundle mainBundle] loadNibNamed:@"CustomCell" owner:self options:nil];
        cell = [nib objectAtIndex:0];
    }

    NSUInteger row = [indexPath row];
    NSDictionary *rowData = [self.witches objectAtIndex:row];
    cell.nameLabel.text = [rowData objectForKey:@"Name"];
    cell.unitLabel.text = [rowData objectForKey:@"Striker Unit"];
    return cell;
}

太字で示した部分は、本書では『objectAtIndex:1』となっていますが、iOS 2.1以降はFile's Ownerのエントリが含まれないために、セルを呼び出す場合は1から0に変更しなければならないからです。

新版およびApress社のサイト内のサンプルコードではこの部分の記述が以下のように変更されています。

    for (id oneObject in nib)
        if ([oneObject isKindOfClass:[CustomCell class]])
            cell = (CustomCell *)oneObject;

Googleブックス/Beginning IPhone 3 Development: Exploring the IPhone SDK』で説明を要約すると、

オブジェクトの順序については文書化されておらず、(過去に変更された事もあったので)どのような順番になっても取得できるようにした。
(原文:The objects and order of those objects is undocumented and has changed in the past,so rather than rely on the table view cell being at a specific index in the nib,we'll loop through all the objects in the nib and look for an instance of our CustomCell class.)

ということのようです。

つまりCustomCell.xibの要素をNSArrayオブジェクトのnibに入れた後、高速列挙で(どのような型でも構わないように)id型のoneObjectに要素を順番に全て取得し、isKindOfClass:メソッドで要素がCustomCellクラスのオブジェクトかを判別、該当したオブジェクトをcellとするという記述になっています。


isKindOfClass:

- (BOOL)isKindOfClass:(Class)aClass

レシーバが指定したクラスのインスタンスか、またはそのクラスを継承した任意のクラスのインスタンスかを示すブール値を返します。
(必須)

戻り値は、レシーバがaClassのインスタンスまたはaClassを継承した任意のクラスのインスタンスであればYESを、それ以外はNOを返します。

例えば次のコードの場合、FoundationのNSCorderから継承したNSArchiverクラスは isKindOfClass:はYESを返します。

NSMutableData *myData = [NSMutableData dataWithCapacity:30];
id anArchiver = [[NSArchiver alloc] initForWritingWithMutableData:myData];
if ( [anArchiver isKindOfClass:[NSCoder class]] )
    ...

クラスクラスタで表されているオブジェクトでこのメソッドを使用する場合は注意してください。

クラスクラスタの特性上、返すオブジェクトが常に想定している型とは限りません。

このメソッドを呼び出してクラスクラスタを返す場合、メソッドによって返される正確な型でそのオブジェクトが何を実行するかを示すのが最良です。

例えば、以下のように可変配列に対してメソッドがNSArrayオブジェクトのポインタを返す場合、このメソッドを使用しないでください。

// DO NOT DO THIS! 
if ([myArray isKindOfClass:[NSMutableArray class]]) {
    // Modify the object 
}

コード内でこのような構成で使用した場合、オブジェクトの変更なら大丈夫だと思われるかもしれませんが、実際には変更してはいけません。

他のコードで変更しないオブジェクトと想定していた場合、問題が発生する場合があります。

レシーバがクラスオブジェクトの場合、aClassと同じ型のクラスオブジェクトであればこのメソッドはYESを返し、それ以外はNOを返します。

aClass:テストするObjective-Cのクラスを表すクラスオブジェクトを指定します。



参考文献

NSObject Protocol Reference

Googleブックス/Beginning IPhone 3 Development: Exploring the IPhone SDK

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る






SoundLink Mini Bluetooth speaker_ii_limited
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

SoundLink Mini Bluetooth speaker_ii_limited
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR