Nav(12)~Move Me(3)

2011. 01. 11
●ルートビューコントローラFirstLevelViewController.mの編集

ルートビューのテーブルにサブビューMove Meの項目を追加します。
(太字が追加した部分)

#import "FirstLevelViewController.h"
#import "SecondLevelViewController.h"
#import "DisclosureButtonController.h"
#import "CheckListController.h"
#import "RowControlsController.h"
#import "MoveMeController.h"

@implementation FirstLevelViewController

@synthesize controllers;

#pragma mark -
#pragma mark Initialization

- (id)initWithStyle:(UITableViewStyle)style {
    // Override initWithStyle: if you create the controller programmatically and want to perform customization that is not appropriate for viewDidLoad.
    self = [super initWithStyle:style];
    if (self) {
        // Custom initialization.
    }
    return self;
}

#pragma mark -
#pragma mark View lifecycle

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    // Uncomment the following line to display an Edit button in the navigation bar for this view controller.
    // self.navigationItem.rightBarButtonItem = self.editButtonItem;

    self.title = @"First Level";
    NSMutableArray *array = [[NSMutableArray alloc] init];

    // Disclosure Button
    DisclosureButtonController *disclosureButtonController = [[DisclosureButtonController alloc] initWithStyle:UITableViewStylePlain];
    disclosureButtonController.title = @"Disclosure Buttons";
    disclosureButtonController.rowImage = [UIImage imageNamed:@"disclosureButtonControllerIcon.png"];
    [array addObject:disclosureButtonController];
    [disclosureButtonController release];

    // Check List
    CheckListController *checkListController = [[CheckListController alloc] initWithStyle:UITableViewStylePlain];
    checkListController.title = @"Check One";
    checkListController.rowImage = [UIImage imageNamed:@"checkmarkControllerIcon.png"];
    [array addObject:checkListController];
    [checkListController release];

    // Table Row Controls
    RowControlsController *rowControlsController = [[RowControlsController alloc] initWithStyle:UITableViewStylePlain];
    rowControlsController.title = @"Row Controls";
    rowControlsController.rowImage = [UIImage imageNamed:@"rowControlsIcon.png"];
    [array addObject:rowControlsController];
    [rowControlsController release];

    // Move Me
    MoveMeController *moveMeController = [[MoveMeController alloc] initWithStyle:UITableViewStylePlain];
    moveMeController.title = @"Move Me";
    moveMeController.rowImage = [UIImage imageNamed:@"moveMeIcon.png"];
    [array addObject:moveMeController];
    [moveMeController release];


    self.controllers = array;
    [array release];
}

(後略)

1053

内容はRow Controlsのものと同じです。

まずサブビューのヘッダファイルMoveMeController.hをインポートします。

そしてviewDidLoadメソッドで、Row Controlsの設定の下に以下の内容を追加します。

MoveMeControllerのインスタンスを(スーパークラスであるUITableViewControllerクラスの)initWithStyle:メソッドを使用しプレーンスタイル(UITableViewStylePlain)で生成・初期化します。

このインスタンスはaddObject:で可変配列arrayに、そして配列プロパティcontrollersに格納され、tableView:didSelectRowAtIndexPath:でナビゲーションコントローラにプッシュされます。

titleプロパティに設定した文字列、rowImageプロパティで設定した画像ファイルは、tableView:cellForRowAtIndexPath:でセルの表示に使用されます。


●実行

この段階で『ビルドと実行』を行うと、ルートビューのテーブルにMove Meのセルが追加されます。

1060

行を選択するとサブビューに移行します。

1055

ナビゲーションバー右側のMoveボタンをタップすると、テーブルが編集モードになります。

1056

テーブルが編集モードになるとセルの文字列が少し右側にずれ、セルの右側には並べ替えコントロールが表示されます。

セルの文字列が右側にずれるのは(設定に依っては)左側に削除/挿入コントロールを表示するためです。

従って編集モードになると、左右のコントロール分だけ文字列の表示スペースが減る、特に文字列の後半は省略されるので注意が必要です。
(そのため今回は、並べ替えの参考値とするカッコの年齢を文字列の頭にしました)

並べ替えはセルの右側にある並べ替えコントロール(グレーの横三本線)をドラッグ&ドロップして行います。

1057

並べ替えが済んだらナビゲーションバーのMoveボタンをタップすることで編集モードが解除され、テーブルの内容が確定されます。

1058


●サンプルコードとの差異

旧版の本書では、上記のように編集モードをON/OFFしてもナビゲーションバーのMoveボタンは変化しません。

新版のApress社のサイト内のサンプルコードでは編集モードのON/OFFを明確にするため、編集モード時にボタンのタイトルを『Move』から『Done』に変更しています。

1059

この処理は編集モードを切り替えているアクションメソッドtoggleMove内で行っています。
(太字が追加した部分)

- (IBAction)toggleMove {
    [self.tableView setEditing:!self.tableView.editing animated:YES];

    if (self.tableView.editing)
        [self.navigationItem.rightBarButtonItem setTitle:@"Done"];
    else
        [self.navigationItem.rightBarButtonItem setTitle:@"Move"];

}

1054

テーブルビューが編集モードかどうかをeditingプロパティで判定し、setTitle:メソッドでnavigationItemrightBarButtonItemプロパティで、ボタンのタイトルを設定しています。

setTitle:メソッドは、UIBarButtonItemの親クラスであるUIBarItemtitleプロパティのセッタ名です。


title

@property(nonatomic, copy) NSString *title

アイテムで表示するタイトルです。

このプロパティは、バーにアイテムを追加する前に設定する必要があります。

デフォルト値はnilです。



参考文献

UIBarItem Class Reference

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る






QuietControl 30 wireless headphones
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

QuietControl 30 wireless headphones
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR