AppSettings(5)~Settings.bundle(3)

2011. 01. 27
5)Item 5:グループ要素の作成(2)

グループWitchとは別のグループとするため、グループ要素を作成します。

手順は『0)Item 0:グループ要素の作成』と同じです。

Item 4を一度畳み、その下にアイテムを追加し(Item 5)、Typeを『Dictionary』とします。

Item 5下にアイテムを追加し、Keyを『Type』、Valueを『PSGroupSpecifier』とします。

そしてアイテムをもう一つ追加し、Keyを『Title』、Valueを『Breasts』とします。

1140

『ビルドと実行』を行うと下図のようになります。

1141

グループWitchは区切られて、その下にグループBreastsが作成されます。

6)Item 6:スライダ要素の作成

スライダ要素は、行全体にスライダを設置し、ユーザに特定範囲内の連続値から任意の値(実数)を入力させる場合に用います。

ただ、スライダを移動させてもリアルタイムで具体的な数値を示すことはできないので、例えば1~100の範囲のスライダで72と選択させようというような目的には不向きです。

音量や画面輝度といった、範囲内の相対的な値を大体の感覚で調整させる用途になります。

Item 5を一度畳み、その下にアイテムを追加し(Item 6)、Typeを『Dictionary』とします。

スライダ要素とするためItem 6下にアイテムを追加し、Keyを『Type』、Valueを『PSSliderSpecifier』とします。

スライダの値を取得するためのキーはKeyを『Key』、Valueを『breasts』と設定します。

次にスライダのデフォルト値と、範囲の最小値/最大値を設定します。

Keyは『DefaultValue』『MinimumValue』『MaximumValue』とし、Typeを『Number』に変更、Valueはそれぞれ『80』『60』『100』と設定します。

最後にスライダの最小値と最大値の部分に画像を貼り付けます。

前述の通り、スライダ要素は具体的な数値を表すというより相対的な値をおおよそで示すので、どういうパラメータなのかをイメージし易い画像が良いでしょう。

ただ、スライダ要素用の画像は21x21ピクセルのPNGファイルとなっており、サイズが小さいために凝ったデザインにすることは難しいので、今回は本書にあるようにサンプルコードから流用します。

Settings.bundleで使用する画像は、これまでのように『プロジェクトのフォルダに画像ファイルを置く → XcodeのResourcesに画像ファイルを追加』というわけにはいきません。

バンドルとしてまとめられている、実質的にはフォルダの中に画像ファイルを入れなければなりません。

そこで自身のAppSettingsプロジェクトのフォルダにあるSettings.bundleを右クリックし、『パッケージの内容を表示』で中身にアクセスできるようにします。

1142

Apress社のサイト内のサンプルコードの『Beginning iPhone Development Projects Oct 12 2009/10 AppSettings』フォルダにある、turtle.png(最小値用)とrabbit.png(最大値用)の2つのファイルを先程開いたSettings.bundleにコピーします。

1143

XcodeのSettings.bundleにこの2つの画像を手動で追加することはできませんが、しなくても一度プロジェクトを閉じて開き直せば、追加したファイルがXcodeのツリーにも反映されます。

また今回の場合、アプリケーションのフリップサイドビューでもこのスライダを使用しますので、Resources下に2つの画像ファイルを追加しておきます。

そしてRoot.plistの編集に戻り、Item 6下にアイテムを2つ追加し、Keyを『MinimumValueImage』と『MaximumValueImage』、Valueを『turtle.png』と『rabbit.png』とします。

1144

『ビルドと実行』を行うと下図のようになります。

1145

Breastsグループとして、スライダ要素の行が追加されます。

7)Item 7:グループ要素の作成(3)

グループBreastsとは別のグループとするため、グループ要素を作成します。

手順は『5)Item 5:グループ要素の作成(2)』と同じです。

Item 6を一度畳み、その下にアイテムを追加し(Item 7)、Typeを『Dictionary』とします。

Item 7下にアイテムを追加し、Keyを『Type』、Valueを『PSGroupSpecifier』とします。

そしてアイテムをもう一つ追加し、Keyを『Title』、Valueを『Additional Info』とします。

1146

『ビルドと実行』を行うと下図のようになります。

1147

グループBreastsは区切られて、その下にグループAdditional Infoが作成されます。

8)Item 8:子ウィンドウ要素の作成

子ウィンドウ要素は、Settingsアプリケーション用に作成したプロパティリストを別途用意し、それを読み込むことでプリファレンスで階層的なページを構成することができます。

子ウィンドウ要素を設定した行の右側には、複数値要素と同様にディスクロージャインジケータが表示され、行をタップすると設定したプロパティリストが読み込まれ、ページが切り替わって表示されます。
(その子プロパティリストも階層構造にすることができます。)

今回は本書の説明通りにサンプルコードから子プロパティリストをコピーして使用します。

『6)Item 6:スライダ要素の作成』でのスライダ用の画像と同じく、Settings.bundleで利用する子プロパティリストファイルはバンドル内に置く必要があります。

子プロパティリストファイルのMore.plistは、サンプルコードの『Beginning iPhone Development Projects Oct 12 2009/10 AppSettings』フォルダ直下にはなく、Settings.bundle内にありますので、こちらも右クリックして『パッケージの内容を表示』でバンドルを開き、More.plistを自身のAppSettingsプロジェクトのSettings.bundle内にコピーします。

1148

スライダの時と同様に、XcodeのSettings.bundleにこの子プロパティリストを手動で追加することはできませんが、しなくても一通り子ウィンドウ要素の設定をして『ビルドと実行』を行い、一度プロジェクトを閉じて開き直せば、追加したファイルがXcodeのツリーにも反映されます。

Root.plistの編集に戻り、Item 7を一度畳んで、その下にアイテムを追加し(Item 8)、Typeを『Dictionary』とします。

子ウィンドウ要素とするため、Item 6下にアイテムを追加し、Keyを『Type』、Valueを『PSChildPaneSpecifier』とします。

子ウィンドウの内容を示す行のタイトルとして、Keyを『Title』、Valueを『More Settings』と設定します。

最後に子ウィンドウのプロパティリストファイルとして、Keyを『File』、Valueを『More』と設定します。
(拡張子.plistは不要です)

1149

『ビルドと実行』を行うと下図のようになります。

1150

Additional Infoグループに、More Settingsというディスクロージャインジケータを持つ行が追加されます。

行をタップすると、More.plistによる子ウィンドウに移行します。

1151

最初の4つはテキストフィールド要素で、最後の行は複数値要素となっていて階層構造を表すことができます。

1152

More.plistの内容は下図のようになっています。

1153



参考文献

Settings Application Schema Reference

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る






bose_soundlink_revolve
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

bose_soundlink_revolve
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR