Persistence(14)~Core Dataでの保存(1)

2011. 07. 22
手元にある旧版の『はじめてのiPhoneプログラミング』にはありませんが、新版の『はじめてのiPhone3プログラミング』には、『第11章 データの保存』にCore Dataを利用した永続ストアへの保存方法が掲載されているようですので、Apress社の原著『Beginning iPhone 3 Development Exploring the iPhone SDK』のサンプルコードと、iOS 4に対応した原著の新版『Beginning iPhone 4 Development Exploring the iOS SDK』のサンプルコードを解読して内容を確認してみます。

なお新版の書籍が手元に無いので解説内容が異なると思いますが、予めご了承ください。


●Core Dataについて

Core Dataの基礎についてはApple公式の日本語ドキュメントのページ『Apple/日本語ドキュメント』にある『iOS Core Dataチュートリアル』を参照してください。


●プロジェクトの作成

Core Dataを使用するため、Window-based Applicationテンプレートで『Use Core Data for storage』にチェックを入れ、プロジェクト名を『Core Data Persistence』とします。

7408

7409

『Use Core Data for storage』へのチェックの有無によって、生成されるプロジェクトの差異は以下の通りです。

1)クラスファイル

ヘッダファイル)
  • CoreData.hのインポート
  • 3つのインスタンス変数(管理オブジェクトコンテキスト、管理オブジェクトモデル、永続ストアコーディネータ)およびプロパティの宣言
  • 2つのインスタンスメソッド(永続ストアの保存先ディレクトリの取得と管理オブジェクトコンテキストの保存用)の宣言

ソースファイル)
  • アプリケーションがバックグラウンドになった時とアプリケーション終了時に、管理オブジェクトコンテキストを保存
  • 2つのインスタンスメソッド(永続ストアの保存先ディレクトリの取得と管理オブジェクトコンテキストの保存用)の実装
  • 3つのオブジェクト(管理オブジェクトコンテキスト、管理オブジェクトモデル、永続ストアコーディネータ)を返すインスタンスメソッドの実装
2)リソースファイル

『Resources』下に『~.xcdatamodeld』(管理オブジェクトモデルの)ファイルの追加

3)フレームワーク

『Frameworks』下にフレームワーク『CoreData.framework』の追加


●Core Dataテンプレートで追加される内容

Core Dataのテンプレートを選択することで、アプリケーションデリゲートのヘッダファイルCore_Data_PersistenceAppDelegate.hに追加される内容を見てみます。
(太字が追加された部分)

#import <UIKit/UIKit.h>
#import <CoreData/CoreData.h>

@interface Core_Data_PersistenceAppDelegate : NSObject <UIApplicationDelegate> {

    UIWindow *window;

@private
    NSManagedObjectContext *managedObjectContext_;
    NSManagedObjectModel *managedObjectModel_;
    NSPersistentStoreCoordinator *persistentStoreCoordinator_;

}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet UIWindow *window;

@property (nonatomic, retain, readonly) NSManagedObjectContext *managedObjectContext;
@property (nonatomic, retain, readonly) NSManagedObjectModel *managedObjectModel;
@property (nonatomic, retain, readonly) NSPersistentStoreCoordinator *persistentStoreCoordinator;

- (NSURL *)applicationDocumentsDirectory;

- (void)saveContext;


@end

7424

1)CoreData.hのインポート

まずCore Dataを利用するため、CoreData.hがインポートされています。

2)インスタンス変数の宣言

インスタンス変数の宣言では、@privateで管理オブジェクトコンテキスト、管理オブジェクトモデル、永続ストアコーディネータの3つが自動生成されます。

@privateは、『詳解 Objective-C 2.0』や『@IT/第3回 Objective-Cのクラス定義を理解しよう』によると、インスタンス変数の有効範囲を示すもので、変数を宣言しているクラス内(ここではCore_Data_PersistenceAppDelegate)でのみ利用できるという制限をかけていることになります。

デフォルトでは@protectedの状態で、宣言しているクラスおよびそのサブクラスで利用できます。

何故範囲制限を掛けるのかは、よく分かりません。
(ちなみにApress社のサンプルコードにおいては、iPhone OS 3.x版では@privateによる制限はされていなく、iOS 4.x版では制限がされています。Xcodeのバージョンによって自動生成される内容が異なるからかもしれません。)

NSManagedObjectContextクラスは概要でサブクラス化を非推奨しているのですが、NSManagedObjectModelクラスNSPersistentStoreCoordinatorクラスはクラスの概要で特に明記はされていないので、サブクラス化の非推奨を明示するためという訳ではなさそうです。

3)メソッドの宣言

メソッドの宣言ではウィンドウのプロパティ宣言の後で、管理オブジェクトコンテキスト、管理オブジェクトモデル、永続ストアコーディネータの3つのプロパティを宣言しています。

(自動生成の場合とiOS 4.xのサンプルコードでは)インスタンス変数とプロパティ名が異なる(インスタンス変数には最後に『_』が付いています)ことと、readonlyオプションがあることに注意してください。
(更に言えば、この3つのプロパティはソースファイルで@synthesizeによる実装を行っていません)

これまでは『インスタンス変数名 = プロパティ名』だったので違和感を感じるかもしれませんが、これは『詳解 Objective-C 2.0』によると、

・@propertyは宣言を行うだけなので、インスタンス変数で実現されているかは問わない
・@propertyで宣言したアクセサメソッドは、@synthesizeを使わずに手動で定義もできる

ということから、必ずしも『インスタンス変数名 = プロパティ名』である必要は無く(ただしアクセサメソッドを手動で定義する必要があります)、異なる名前でも問題がないということです。

自動生成されるメソッドには他に2つのインスタンスメソッドがあり、永続ストアを保存するディレクトリを取得するapplicationDocumentsDirectoryと、管理オブジェクトコンテキストを永続ストアに保存するsaveContextを宣言しています。



参考文献

iOS Core Dataチュートリアル

@IT/第3回 Objective-Cのクラス定義を理解しよう

詳解 Objective-C 2.0 第3版詳解 Objective-C 2.0 第3版
(2011/12/28)
荻原 剛志

商品詳細を見る

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る

Beginning Ios 6 Development: Exploring the Ios SdkBeginning Ios 6 Development: Exploring the Ios Sdk
(2012/12/26)
David Mark、Jack Nutting 他

商品詳細を見る






bose_soundsport_free
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

bose_soundsport_free
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR