QuartzFun(2)~ビューコントローラの編集

2011. 08. 16
●QuartzFunViewController.hヘッダファイルの編集

ビューコントローラQuartzFunViewControllerは、画面上部のナビゲーションバーにある描画色を選択するセグメンテッドコントロールと、画面下部のツールバーにある描画図形を選択するセグメンテッドコントロールにおける、項目選択時の動作を設定します。

ヘッダファイルでは、描画図形でImage(画像)を選択した際に描画色のセグメンテッドコントロールを非表示にするためのアウトレットと、描画色と描画図形のセグメンテッドコントロールにおける選択時の動作を表すアクションメソッドを宣言します。
(太字が追加した部分)

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface QuartzFunViewController : UIViewController {
    UISegmentedControl *colorControl;
}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet UISegmentedControl *colorControl;

- (IBAction)changeColor:(id)sender;
- (IBAction)changeShape:(id)sender;


@end

7486


●QuartzFunViewController.mソースファイルの編集

ソースファイルでは、描画色のセグメンテッドコントロールを表すプロパティcolorControlと、2つのアクションメソッドを実装します。
(太字が追加・修正した部分)

#import "QuartzFunViewController.h"
#import "QuartzFunView.h"
#import "UIColor-Random.h"
#import "Constants.h"


@implementation QuartzFunViewController

@synthesize colorControl;

- (IBAction)changeColor:(id)sender {
    UISegmentedControl *control = sender;
    NSInteger index = [control selectedSegmentIndex];

    QuartzFunView *quartzView = (QuartzFunView *)self.view;

    switch (index) {
        case kRedColorTab:
            quartzView.currentColor = [UIColor redColor];
            quartzView.useRandomColor = NO;
            break;
        case kBlueColorTab:
            quartzView.currentColor = [UIColor blueColor];
            quartzView.useRandomColor = NO;
            break;
        case kYellowColorTab:
            quartzView.currentColor = [UIColor yellowColor];
            quartzView.useRandomColor = NO;
            break;
        case kGreenColorTab:
            quartzView.currentColor = [UIColor greenColor];
            quartzView.useRandomColor = NO;
            break;
        case kRandomColorTab:
            quartzView.useRandomColor = YES;
            break;
        default:
            break;
    }
}

- (IBAction)changeShape:(id)sender {
    UISegmentedControl *control = sender;
    [(QuartzFunView *)self.view setShapeType:[control selectedSegmentIndex]];

    if ([control selectedSegmentIndex] == kImageShape)
        colorControl.hidden = YES;
    else
        colorControl.hidden = NO;
}


// Implement viewDidLoad to do additional setup after loading the view, typically from a nib.
- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
}


// Override to allow orientations other than the default portrait orientation.
- (BOOL)shouldAutorotateToInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation {
    // Return YES for supported orientations
    return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationPortrait);
}


- (void)didReceiveMemoryWarning {
    // Releases the view if it doesn't have a superview.
    [super didReceiveMemoryWarning];

    // Release any cached data, images, etc that aren't in use.

}

- (void)viewDidUnload {
    // Release any retained subviews of the main view.
    // e.g. self.myOutlet = nil;

    [super viewDidUnload];
    self.colorControl = nil;

}

- (void)dealloc {
    [colorControl release];
    [super dealloc];
}

@end

7487

1)ヘッダファイルのインポート

カスタム描画を行うビューのクラスQuartzFunViewと、ランダム色を生成するカテゴリUIColor-Random、セグメンテッドコントロールの選択肢を識別する定数を納めたConstantsの各ヘッダファイルをインポートします。

2)プロパティの実装

描画色のセグメンテッドコントロールのプロパティcolorControlを実装します。

3)アクションメソッドchangeColor:の追加

アクションメソッドchangeColor:は、ナビゲーションバーに設置したセグメンテッドコントロールで選択された描画色を設定します。

セグメンテッドコントロールの5つのボタン(Red、Blue、Yellow、Green、Random)は左から順に0から始まる整数が割り振られており、selectedSegmentIndexプロパティで取得できます。

取得したインデックス番号を元に、カスタム描画を行うビューのインスタンスquartzViewの、描画色を表すプロパティcurrentColorと、ランダム色かどうかを判別するプロパティuseRandomColorをswitch文で設定します。
(プロパティcurrentColorとuseRandomColorについては、後述するQuartzFunViewクラスで説明します)

Red、Blue、Yellow、Greenの4色はUIColorクラスでプリセットされているカラーオブジェクトを、それぞれredColorblueColoryellowColorgreenColorメソッドで設定しています。

4)アクションメソッドchangeShape:の追加

アクションメソッドchangeShape:は、ツールバーに設置したセグメンテッドコントロールで選択された描画図形を設定します。

セグメンテッドコントロールの4つのボタン(Line、Rect、Ellipse、Image)は左から順に0から始まる整数が割り振られており、selectedSegmentIndexプロパティで取得できます。

取得したインデックス番号を元に、カスタム描画を行うビューのインスタンスquartzViewの、描画図形を表すプロパティshapeType(のセッタsetShapeType:)を設定します。
(ここでは図形判別用のプロパティshapeTypeを設定するだけで、実際の図形描画の設定はビューのカスタム描画を行うQuartzFunViewクラスのdrawRect:メソッド内で行われます)

選択されたセグメンテッドコントロールが画像(kImagesShape)だった場合、(描画色の選択は無意味になるので)描画色のセグメンテッドコントロールcolorControlを非表示にします。

5)自動生成されたメソッドの削除

View-based Applicationテンプレートで自動生成されるメソッドの内、initWithNibName:bundle:loadViewは使用しないので削除します。

6)コメントアウトされているメソッドの実装

自動生成されているメソッドで、コメントアウトされているviewDidLoadshouldAutorotateToInterfaceOrientation:のコメントアウトを解除して実装します。
(編集はしていません)

7)viewDidUnloadの編集

旧版の本書には記述されていませんが、viewDidUnloadメソッドでプロパティcolorControlの所有権放棄を追加しています。

8)deallocの編集

deallocメソッドにプロパティcolorControlの解放を追加します。



参考文献

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る

Beginning Ios 6 Development: Exploring the Ios SdkBeginning Ios 6 Development: Exploring the Ios Sdk
(2012/12/26)
David Mark、Jack Nutting 他

商品詳細を見る






QuietControl 30 wireless headphones
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

QuietControl 30 wireless headphones
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR