LocalizeMe(3)

2012. 03. 14
●文字列ファイルによるローカライズ

続いてビューの右側にある、ソースファイルLocalizeMeViewController.m内で文字列を設定しているラベルのローカライズを行います。
(ちなみにiOS 4.x版のサンプルコードでは、このローカライズは省略されています)

ソースコード内でNSLocalizedStringメソッドで設定している文字列は、Localizable.strings文字列ファイルでローカライズするのですが、今回はプロジェクト内にあるObjective-Cのソースファイル(~.m)を検索してNSLocalizedStringメソッドを抽出し、自動でLocalizable.strings文字列ファイルを生成します。

最初にアプリケーション『ターミナル』を起動します。

7938

7939

次にcd(change directory)コマンドでLocalizeMeプロジェクトフォルダに移動します。

ターミナルで『cd』の後にスペースを入れ、FinderのLocalizeMeフォルダをターミナルにドラッグ&ドロップし、returnキーを押します。

7940

これでLocalizeMeフォルダに移動したことになり、以降のコマンドの対象がLocalizeMeプロジェクト内になります。

ターミナルで『genstrings ./Classes/*.m』とコマンドを入力し、returnキーで実行します。

7941

ほどなくコマンドプロンプトが返り、LocalizeMeフォルダ下にLocalizable.strings文字列ファイルが生成されます。

7942

Localizable.stringsはUTF-16でエンコーディングされているため、プロジェクトに追加する際にデフォルトでエンコーディングがUTF-8の場合はUTF-16に変更する必要があります。
(でないと文字化けを起こします)

Localizable.strings文字列ファイルは下記のように出力されます。

/* The number 5 */
"Five" = "Five";

/* The number 4 */

"Four" = "Four";

/* The number 1 */

"One" = "One";

/* The number 3 */

"Three" = "Three";

/* The number 2 */

"Two" = "Two";

7944

ローカライズする文字列のアルファベット順にソートされていますが、LocalizeMeViewController.mソースファイル内のNSLocalizedStringメソッドから抽出されていることが分かります。

label1.text = NSLocalizedString(@"One", @"The number 1");
label2.text = NSLocalizedString(@"Two", @"The number 2");
label3.text = NSLocalizedString(@"Three", @"The number 3");
label4.text = NSLocalizedString(@"Four", @"The number 4");
label5.text = NSLocalizedString(@"Five", @"The number 5");

第二引数はローカライズする文字列に対するコメント文なので、不要ならnilとすることもできます。

第一引数がローカライズされる文字列で、左辺がソースコードに記述されている文字列であり、右辺に各ローカリゼーションで置換する文字列を設定します。

では、nibファイルなどと同様にLocalizable.stringsファイルをenとfrにローカライズします。

そしてLocalizable.strings下のfrを選択し、nibファイルの時と同様に、5つのラベルの文字列(One、Two、Three、Four、Five)をフランス語(Un、Deux、Trois、Quatre、Cinq)に変更します。

7945

実行結果は下図の様になります。

7946


●アプリケーションのタイトルのローカライズ

最後に初版やiOS 3.x版のサンプルコードにはありませんが、iOS 4.x版のサンプルコードで行われているアプリケーションのタイトルのローカライズを行います。

アプリケーションのタイトルのローカライズは、文字列ファイルInfoPlist.stringsを生成し、CFBundleDisplayNameで設定することができます。
(詳細は『Sun Limited Mt./[iPhone] アプリ名をローカライズする方法』や『Information Property List Key Reference』の『CFBundleDisplayName(p.21)』を参照してください)

まずXcodeの『グループとファイル』ペインでResourcesを選択し、右クリックで『追加』→『新規ファイル...』を選択します。

7948

『Mac OS X』ペインの『Resource』にある『Strings File』を選択して『次へ』ボタンをクリックし、ファイル名を『InfoPlist.strings』として生成します。
(文字列ファイルLocalizable.stringsファイルもこの操作で生成できますが、先にソースファイルでNSLocalizedStringメソッドによって設定している場合、抽出漏れなどを防ぐため、自動生成した方が安全かと思われます)

そしてnibファイルなどと同様に、InfoPlist.stringsファイルをenとfrにローカライズし、以下のようにそれぞれにアプリケーションのタイトル(バンドル表示名)CFBundleDisplayNameを設定します。

en)

CFBundleDisplayName = "Localize Me";

fr)

CFBundleDisplayName = "Localisez Moi";

実行結果は下図のようになります。

en)

7949

fr)

7950



参考文献

iOSアプリケーションプログラミングガイド

Information Property List Key Reference

Sun Limited Mt./[iPhone] アプリ名をローカライズする方法

はじめてのiPhone3プログラミングはじめてのiPhone3プログラミング
(2009/12/17)
Dave Mark、Jeff LaMarche 他

商品詳細を見る

Beginning Ios 6 Development: Exploring the Ios SdkBeginning Ios 6 Development: Exploring the Ios Sdk
(2012/12/26)
David Mark、Jack Nutting 他

商品詳細を見る






bose_soundlink_revolve
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

bose_soundlink_revolve
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR