詳解Swift改訂版(14)〜ジェネリクス

2017. 04. 17
この記事は詳解 Swift 改訂版(初版第1刷)を元に、Xcode 8.2.1(Swift 3.0.2)下における差異を記述しています。



CHAPTER 14 ジェネリクス



●14.2 ジェネリック関数の定義


・型パラメータの推論

関数 f の定義内の配列のイニシャライザでエラーが出ます。

return [T?](count: n, repeatedValue: nil)    // error: argument 'repeatedValue' must precede argument 'count'

これについては「詳解Swift改訂版(05)〜基本的なデータ型」の「5.2 配列/配列のイニシャライザ」で述べているように、Swift 3 から init(repeating:T, count:Int) に変更されたためで修正する必要があります。

return [T?](repeating: nil, count: n)



●14.3 ジェネリクスによる型定義


・型パラメータを持つ構造体の定義

List14-5 において、付属型の宣言でエラーが出ますが「詳解Swift改訂版(10)〜プロトコル」の「10.3 プロトコルと付属型/ネスト型とプロトコル」で述べたように、付属型の宣言には typealias ではなく associatedtype を使用します。

typealias Element    // Typealias is missing an assigned type; use 'associatedtype' to define an associated type requirement

associatedtype Element


・拡張定義の条件に型パラメータを使う

List14-7 において、プロトコル FloatingPointType は FloatingPoint に改名されたので修正する必要があります。
(「Developers.IO/[iOS][Swift] Swift 3.0の変更点まとめ」の "SE-0006" 参照)

extension Vector where T : FloatingPointType {    // error: 'FloatingPointType' has been renamed to 'FloatingPoint'

extension Vector where T : FloatingPoint {


・プロトコルを採用した型自体に対する制約を記述する

List14-8 において、演算子 == の定義でエラーが出ます。

func == <T: VectorType where T.Element: Equatable>(lhs:T, rhs:T) -> Bool {
// 'where' clause next to generic parameters is deprecated and will be removed in the future version of Swift

Qiita/Xcode 8 Release Notes 日本語翻訳メモ(SE-0081)」によると、Swift 3 で where 節はジェネリックパラメータの後ろではなく本文の前に記述することになりました。

これに関しては「Xcode Release Notes(Xcode 8.0/Swift/New Features)」に、その旨の記述があります。

「 where 節は現在、宣言のシグネチャの後ろではなく、本文の前に指定されるようになりました。
例えば以前は、

func anyCommonElements<T : SequenceType, U : SequenceType
    where T.Generator.Element: Equatable, T.Generator.Element == U.Generator.Element>
    (lhs: T, _ rhs: U) -> Bool
{
    ...
}

と記述していましたが、現在は以下のようになります。

func anyCommonElements<T : SequenceType, U : SequenceType>(lhs: T, _ rhs: U) -> Bool
    where T.Generator.Element: Equatable, T.Generator.Element == U.Generator.Element
{
    ...
}

古い型式は互換性のためにまだ受け入れられますが、ゆくゆくは拒否されます。(
SE-0081)」

したがって次のように修正する必要があります。

func == <T: VectorType>(lhs:T, rhs:T) -> Bool where T.Element: Equatable {


・プロトコル SequenceType を調べよう

List14-10 において、プロトコル SequenceType は Sequence と改名されており、またプロトコル GeneratprType の付属型 Generator はプロトコル IteratorProtocol の付属型 Iterator に、メソッド generate() は makeIterator() になっています。
(「Wikipedia/イテレータ」「Wikipedia/ジェネレータ (プログラミング)」参照)

protocol Sequence {
    associatedtype Iterator : IteratorProtocol
    associatedtype SubSequence
    func makeIterator() -> Self.Iterator
    func map<T>(_ transform: (Self.Iterator.Element) throws -> T) rethrows -> [T]
    func filter(_ isIncluded: (Self.Iterator.Element) throws -> Bool) rethrows -> [Self.Iterator.Element]
    func forEach(_ body: (Self.Iterator.Element) throws -> Swift.Void) rethrows
    func prefix(_ maxLength: Int) -> Self.SubSequence
    func suffix(_ maxLength: Int) -> Self.SubSequence
}

protocol IteratorProtocol {
    associatedtype Element
    mutating func next() -> Self.Element?
}

したがって List14-11 の拡張定義は以下のように修正する必要があります。

extension SequenceType where Self.Generator.Element : Comparable { 
// error: 'SequenceType' has been renamed to 'Sequence'
// error: 'Self' does not have a member type named 'Generator'; did you mean 'Iterator'?


extension Sequence where Self.Iterator.Element : Comparable {


・プロトコル CollectionType を見てみよう

List14-12 において、プロトコル SequenceType と同様にプロトコル CollectionType は Collection と改名されており、また構造体 IndexingGenerator は IndexingIterator に、プロトコル Indexable はプロトコル IndexableBase を継承することになり、Indexable で定義されていたものは IndexableBase で定義されています。
(ちなみに「詳解Swift 第3版」の同項によると、Swift 4 で Indexable は廃止されるようです。)

protocol Collection : Indexable, Sequence {
    associatedtype Iterator : IteratorProtocol = IndexingIterator<Self>
    func makeIterator() -> Self.Iterator
    associatedtype SubSequence : IndexableBase, Sequence = Slice<Self>
    subscript(position: Self.Index) -> Self.Iterator.Element { get }
    subscript(bounds: Range<Self.Index>) -> Self.SubSequence { get }
    func prefix(upTo end: Self.Index) -> Self.SubSequence
    func suffix(from start: Self.Index) -> Self.SubSequence
    func prefix(through position: Self.Index) -> Self.SubSequence
    var isEmpty: Bool { get }
    var count: Self.IndexDistance { get }
    var first: Self.Iterator.Element? { get }
}

protocol Indexable : IndexableBase {
    associatedtype IndexDistance : SignedInteger = Int
    func index(_ i: Self.Index, offsetBy n: Self.IndexDistance) -> Self.Index
    func index(_ i: Self.Index, offsetBy n: Self.IndexDistance, limitedBy limit: Self.Index) -> Self.Index?
    func formIndex(_ i: inout Self.Index, offsetBy n: Self.IndexDistance)
    func formIndex(_ i: inout Self.Index, offsetBy n: Self.IndexDistance, limitedBy limit: Self.Index) -> Bool
    func distance(from start: Self.Index, to end: Self.Index) -> Self.IndexDistance
}

protocol IndexableBase {
    associatedtype Index : Comparable
    var startIndex: Self.Index { get }
    var endIndex: Self.Index { get }
}



Developers.IO/[iOS][Swift] Swift 3.0の変更点まとめ

Qiita/Xcode 8 Release Notes 日本語翻訳メモ

Wikipedia/イテレータ

Wikipedia/ジェネレータ (プログラミング)

詳解Swift 第3版(Amazon)
 






Bose QuietComfort 20
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

Bose QuietComfort 20
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR