詳解Swift改訂版(06)〜パターン

2017. 01. 18
この記事は詳解 Swift 改訂版(初版第1刷)を元に、Xcode 8.2.1(Swift 3.0.2)下における差異を記述しています。



CHAPTER 06 パターン



●6.1 タプル


・タプルの概要

本文ではタプル同士の比較はできないとありますが、前版の「詳解Swift(6)〜パターン」で述べたように特定条件下での比較は可能です。

(1, 2) == (1, 2)        // true



●6.2 列挙型


・シンプルな列挙型

列挙型の定義内でもメンバ名だけの参照はエラーが出るようになりました。

case .Up: return Right        // error: enum element 'Right' cannot be referenced as an instance member
case .Down: return Left        // error: enum element 'Left' cannot be referenced as an instance member
case .Right: return Down        // error: enum element 'Down' cannot be referenced as an instance member
case .Left: return Up        // error: enum element 'Up' cannot be referenced as an instance member

Qiita/Xcode 8 Release Notes 日本語翻訳メモ」によると、Swift 3 から要素のアクセスに「.」が必要になったようです。

これに関しては「Xcode 8 Release Notes(Xcode 8.0/Swift/New Features)」に、その旨の記述があります。

「インスタンスメソッド内でインスタンスメンバとして列挙型の要素にアクセスすると、コンパイラがエラーを出すようになりました。
例えば、

enum Color {
    case red, green, blue
 
    func combine(with color: Color) -> Color {
        return red
    }
}

これは Swift 2.2 では有効です。
Swift 3 での正しい方法は以下のように記述します。

return .red

(
SE-0036) 」

したがって実行文は以下のようになります。

case .Up: return .Right
case .Down: return .Left
case .Right: return .Down
case .Left: return .Up


・列挙型に対するメソッドとプロパティ

List6-5 において、上記の通り列挙型の要素にアクセスするには "." が必要なため、switch 文の case 節で指定している Right と Left は "." を加えなければなりません。



●6.3 共用型の列挙型


・if-case 文

変数 t の内容が残高 1200 円以上のプリペイドカードかどうかの例で、「詳解Swift改訂版(04)〜オプショナル」の「4.2 オプショナル束縛構文/if-let 文」で説明したように、Swift 3 から条件句は "where" ではなく "," で区切るように変更されました。

if case .カード(let y, _) = t where y > 1200 {        // Expected ',' joining parts of a multi-clause condition

if case .カード(let y, _) = t, y > 1200 {


・for-in 文で case パターンを使う

Ticket 型の要素を持つ配列 passes は「詳解 Swift 改訂版 サンプルダウンロード」の「samples/Chap06/p150.swift」からコピーすると便利です。

また前述の条件区の区切りが "where" から "," に変更された件は if、guard、while 文に対してであり、for-in 文では適用されないので例文通り "where" のままとなります。


・オプショナル型と列挙型

実行例でメンバ Some を使用した場合にエラーが出ます。

if case let .Some(x) = opi { print(x) }        // error: 'Some' has been renamed to 'some'

これは Optional の定義が変更されたためです。

public enum Optional<Wrapped> : ExpressibleByNilLiteral {
    case none
    case some(Wrapped)
    public init(_ some: Wrapped)
(以下略)
}

したがって以下のように修正することになります。

if case let .some(x) = opi { print(x) }



Qiita/Xcode 8 Release Notes 日本語翻訳メモ

詳解Swift 第3版(Amazon)
 






Bose SoundSport wireless headphones
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
WACOM


Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
BOSE

Bose SoundSport wireless headphones
ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
SQLite
OpenGL ES
Amazon


Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Profile

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

QR Code
QR
Visitors