NSNumberクラス

2010. 10. 24
●概要

NSNumberは、Cのスカラー(数値)型の値を提供するNSValueのサブクラスです。

符号付きまたは符号無しのchar、short int、int、long int、long long int、float、double、BOOLなどの値の設定とアクセスを行うメソッドを定義します。
(数値オブジェクトは、必ずしも生成時の型を保持するものではないことに注意してください)

またcompare:メソッドは、二つのNSNumberオブジェクトの順序を決定します。

NSNumberのサブクラスの生成

他のクラスクラスタと同様に、NSNumberのサブクラスを生成する場合は、スーパークラスであるNSValueの原始的なメソッドをオーバーライドする必要があります。

更に非原始的なメソッドの抽象的な実装を利用するために、NSValueメソッドのobjCTypeを使って戻り値に制限を設定した実装をすることができます。

有効な戻り値は『 c 』『 C 』『 s 』『 S 』『 i 』『 I 』『 l 』『 L 』『 q 』『 Q 』『 f 』『 d 』となります。



●タスク

●NSNumberオブジェクトの生成

+ numberWithBool:
+ numberWithChar:
+ numberWithDouble:
+ numberWithFloat:
+ numberWithInt:
+ numberWithInteger:
+ numberWithLong:
+ numberWithLongLong:
+ numberWithShort:
+ numberWithUnsignedChar:
+ numberWithUnsignedInt:
+ numberWithUnsignedInteger:
+ numberWithUnsignedLong:
+ numberWithUnsignedLongLong:
+ numberWithUnsignedShort:

●NSNumberオブジェクトの初期化

– initWithBool:
– initWithChar:
– initWithDouble:
– initWithFloat:
– initWithInt:
– initWithInteger:
– initWithLong:
– initWithLongLong:
– initWithShort:
– initWithUnsignedChar:
– initWithUnsignedInt:
– initWithUnsignedInteger:
– initWithUnsignedLong:
– initWithUnsignedLongLong:
– initWithUnsignedShort:

●数値へのアクセス

– boolValue
– charValue
– decimalValue
– doubleValue
– floatValue
– intValue
– integerValue
– longLongValue
– longValue
– shortValue
– unsignedCharValue
– unsignedIntegerValue
– unsignedIntValue
– unsignedLongLongValue
– unsignedLongValue
– unsignedShortValue

●文字列表現の取得

– descriptionWithLocale:
– stringValue

●NSNumberオブジェクトの比較

– compare:
– isEqualToNumber:

●型情報へのアクセス

– objCType



●クラスメソッド

numberWithBool:

+ (NSNumber *)numberWithBool:(BOOL)value

指定したBOOL値のNSNumberオブジェクトを作成し、返します。

value:BOOL値を指定します。


numberWithChar:

+ (NSNumber *)numberWithChar:(char)value

指定したchar値(符号有り文字)のNSNumberオブジェクトを作成し、返します。

value:char値を指定します。


numberWithFloat:

+ (NSNumber *)numberWithFloat:(float)value

指定したfloat値(浮動小数点実数)のNSNumberオブジェクトを作成し、返します。

value:float値を指定します。


numberWithInt:

+ (NSNumber *)numberWithInt:(int)value

指定したint値(符号有り整数)のNSNumberオブジェクトを作成し、返します。

value:int値を指定します。



●インスタンスメソッド

・boolValue

- (BOOL)boolValue

レシーバのNSNumberオブジェクトをBOOL値にして返します。


charValue

- (char)charValue

レシーバのNSNumberオブジェクトをchar値にして返します。


floatValue

- (float)floatValue

レシーバのNSNumberオブジェクトをfloat値にして返します。


initWithInt:

- (id)initWithInt:(int)value

指定した値を符号付整数として扱い、初期化したNSNumberオブジェクトを返します。

value:新しい数値の値を指定します。


integerValue

- (NSInteger)integerValue

レシーバの値をNSIntegerとして返します。

戻り値は、必要に応じてNSIntegerに変換したレシーバの値になります。


intValue

- (int)intValue

レシーバのNSNumberオブジェクトをint値にして返します。


stringValue

- (NSString *)stringValue

人が読める文字列として、レシーバの値を返します。

生成にはdescriptionWithLocale:のロケールをnilとして呼び出します。



参考文献

NSNumber Class Reference






QuietControl 30 wireless headphones
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
Calendar
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

QuietControl 30 wireless headphones
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR