Start Developing iOS Apps Today(13)〜ここから何処へ行くのか

2012. 10. 30
ここから何処へ行くのか

『Start Developing iOS Apps Today』の全ての記事を閲覧し、必要な手引書を読んでいただきありがとうございます。
これでiOSアプリ開発を開始する準備が整いました。
しかし効率的かつ生産的なiOSデベロッパとなるには、まず『iOSデベロッパプログラム』に登録する必要があります。
次に、iOSデベロッパライブラリからサンプルアプリのプロジェクトをダウンロードし、全体的に最も肝心なものが適合しているかどうか参照したり、先に習得した知識やスキルを深めます。

貴方のiOSアプリ開発の知識を深めるため、これらのドキュメントを読んでください

以下のドキュメントはiOSアプリのデベロッパにとって必読です。
iOSアプリ開発を探検するため、これらのチュートリアルを読んでください

アプリ開発におけるその他の領域の経験を得るには、これらのチュートリアルを進めてください。




参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(12)〜情報の検索

2012. 10. 29
情報の検索

アプリを開発している間、貴方は詳細な技術情報への容易なアクセスが必要となるでしょう。
Xcodeはコーディング中に指先で資料を使用する事ができます。

finding_info_2x.png

Xcodeのクイックヘルプは、編集中のファイルからフォーカスが外される事無く、簡潔なリファレンス情報を表示します。
シンボルやインターフェイスオブジェクト、またはビルド設定をクリックすると、詳細な情報が表示されます。
一般的な操作の実行についてのタスクベースのヘルプは、Xcodeの領域をControlキーを押しながらクリックしてください。
各ヘルプの記事は、ステップバイステップでの説明と、通常は更にビデオやイラストを含めて提供されています。

Xcodeの文書オーガナイザは、詳細なプログラミングガイド、有益なチュートリアル、実例となるサンプルコード、デベロッパツールのユーザガイド、詳細なフレームワークAPIリファレンス、そしてAppleのエンジニアによるビデオプレゼンテーションを実現しています。
文書オーガナイザは、検索や閲覧ができる、全てのAppleの開発者向けドキュメントの統合ビューを提供します。
またiOSデベロッパライブラリはweb上で閲覧可能です。

この記事を参照:
迅速なドキュメントの検索』はこれらの基本的なドキュメントリソースの使い方を図解しています。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(11)〜App Store

2012. 10. 28
App Store

これまで貴方が読んできた情報は、Xcodeでどのようにアプリを作成するかに焦点を当ててきました。
しかしApp Storeでアプリを公開するためには他にも必要な事があります。

app_store_2x.png

素晴らしいアプリを作るためには、シミュレータ上だけではなく、全ての開発工程において実際のデバイスでテストする必要があります。
iOSベースのデバイス上でアプリを実行するには、テストに使用するデバイスを登録し、開発者がアプリに署名することを認証する証明書の作成と、アプリを識別するApp IDを作成する必要があります。

アプリをテストし改良した後、iTunes Connect経由で登録する必要があります。
貴方のアプリは公開される前にApp Storeの検閲者によって事前に承認される必要があります。

この記事を参照:

App Storeに提出するための準備』は、App Store向けのアプリ開発における管理上の側面について説明しています。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(10)〜アプリ設計

2012. 10. 27
アプリ設計

コードの行を記述し始める前に、いくつかの重要な設計の決定を行う必要があります。
貴方のアプリの目的と機能について、できるだけ具体的にします。
更にアプリの使用するデータモデルの種類を選択します。
そしてアプリのユーザインターフェイスのスタイル(例えばmaster-detailパターンかutilityアプリかなど)を決定します。
アプリを(iPad、iPhone、およびiPod touch上で実行できる)ユニバーサルにしますか?
これらやその他の設計の決定事項は、アプリのアーキテクチャを構築するのに役立ちます。

application_design_2x.png 

ただし、そのアーキテクチャで作業する前に、Cocoa Touchフレームワークに精通していなければなりません。
結局の所、アプリは独立して存在しておらず、これらのフレームワークを使用して作成されるオブジェクトに依存しています。

アプリの基本構造を実装するフレームワークオブジェクトを知る事により、貴方のデータモデルのブロックの構築に役立ち、ユーザに提示する独自の体験を構成する事ができます。

この記事を参照:

  • アプリ設計の注意』は、貴方自身に尋ねる必要がある初期設計でのいくつかの質問を紹介しています。
    また貴方の設計での決定をどのように実行に移すかを解決するのに役立ちます。

  • アプリのコアオブジェクトを知る』は、全てのiOSアプリの一部である重要なフレームワークオブジェクト、及びこれらのオブジェクトをどのように動作させるかについて説明しています。

  • アプリの国際化』は、elloWorldアプリの国際化とローカライズの手順を順を追って説明しています。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(9)~ヒューマンインターフェイスデザイン

2012. 10. 26
ヒューマンインターフェイスデザイン

単に動作するだけではアプリの作成として十分ではありません。
ユーザは、iOSアプリは直感的でインタラクティブで且つ魅力的なものを期待しています。
貴方のアプリが選択した機能がジェスチャに対して応答する方法について、アプリを設計する際にあらゆる側面からユーザ体験について考えてください。

user_experience_2x

ユーザはヒューマンインターフェイスデザインの原則を認識していないかもしれませんが、アプリがガイドラインに従っているかどうかを知る事ができます。
貴方の製品が最高のユーザインターフェイスとユーザ体験で設計できるよう、『iOSヒューマンインターフェイスガイドライン』に原則と規則が説明されています。

この記事を参照:
ユーザを意識したデザイン』は、優れたユーザ体験を提供するアプリの作成方法が説明されています。
このドキュメントはプログラミング時に従うガイドラインを紹介していますが、コードでデザインを実装する方法については説明されていません。
iOS用のほとんどのガイドラインはモバイルデバイス上でのアプリ用のため、OS Xとは本質的に異なる別物です。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(8)~デザインパターン

2012. 10. 25
デザインパターン

デザインパターンは一般的なソフトウェア工学の問題を解決します。
パターンは抽象的な設計であり、コードではありません。
デザインを採用する場合、一般的なパターンを貴方の独特の要求に適応させてください。

design_patterns_2x

作成するアプリのタイプに関わらず、フレームワークで使用されている基本的なデザインパターンは知っている必要があります。
デザインパターンを理解していると、より効果的にフレームワークを使用する事ができ、より再利用可能で、より拡張性が高く、変更し易いプログラムを記述する事ができます。

この記事を参照:
デザインパターンを使ったアプリの合理化』では、主要なデザインパターンの説明と、アプリ開発でそれらをどのように使用するかを説明しています。
これらのデザインパターンは、OS XとiOSにおいて基本的に同じものです。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(7)~フレームワーク

2012. 10. 24
フレームワーク

アプリは貴方が記述するコードとAppleが提供するフレームワークで構成されます。
フレームワークにはアプリが呼び出す事ができるメソッドのライブラリが含まれています。
複数のアプリが同時にフレームワークライブラリにアクセスする事ができます。

framework_2x

どのアプリも複数のフレームワークへリンクして開発します。
貴方はアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を介してフレームワークを利用する事ができます。
APIはヘッダファイルで公開されており、利用可能なクラス、データ構造、そしてプロトコルが指定されています。
Appleは貴方が実装する可能性がある基本的な機能を予測してフレームワークを記述しています。
貴方は時間と労力を節約し、コードが安全かつ効率的であることを確認するためにフレームワークを使用する必要があります。
システムフレームワークは基盤となるハードウェアにアクセスする唯一の方法です。

この記事を参照:

  • 主要フレームワークの概要』は、アプリ開発で最も一般的に使用されているフレームワークについて説明しています。
    またOS XとiOSとのAPI間におけるいくつかの相違点と類似点について簡潔に説明しています。

  • コードとフレームワークの統合』では、Objective-Cフレームワークに基づくメソッドの種類の説明と、貴方のアプリのコードとフレームワークのコードをどのように統合するかの説明がされています。
    OS XとiOSのアプリは差異がありますが、アプリとフレームワーク間の関係は一般的に同じです。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(6)~基本タスク

2012. 10. 23
基本タスク

これまでで貴方はObjective-Cの基本的なコードの読み書きについて十分に学び、オブジェクトの観点で考えることができることでしょう。
現実世界の物について考えるのと同じように、オブジェクトに何が含まれているか、それで何ができるか、他のオブジェクトとどう関連するかを考える必要があります。

basic_tasks_2x

iOSアプリを作成するには、どのようにオブジェクトを作成するか、オブジェクトの比較、オブジェクトへの情報の問い合わせ、配列等のコレクション内のオブジェクトへのアクセスについて知っている必要があります。
これらのタスクはiOSアプリでは一般的です。
これらのスキルを習得すると、より複雑なObjective-Cコードを受け入れる準備ができます。

この記事を参照:
基礎プログラミングスキルの習得』ではObjective-Cプログラミングでの基本的なタスクについて説明しています。
この文書で説明した概念はMacとiOS開発の開発において、本質的には同じです。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(5)~言語

2012. 10. 22
言語

Objective-Cは全てのiOSアプリを駆動する洗練されたオブジェクト指向言語です。
アプリの作成にはObjective-Cのコードを記述しますし、ほとんどのアプリケーションフレームワークを使用するためには言語を理解する必要があります。
開発では他の言語を使用する事もできますが、Objective-C無しにiOSアプリをビルドすることはできません。

language_2x

Objective-Cは、特にJavaやC++など他のオブジェクト指向言語の経験がある場合、容易に学べる構文と慣習の単純な言語です。
Cプログラマの場合、オブジェクト指向プログラミングとObjective-Cに慣れた時には、アプリの設計や変更が容易になるでしょう。

この記事を参照:
Objective-Cコードの記述』ではObjective-Cの基本的な構文、クラス宣言、メソッド、メッセージング、そしてプロパティの宣言を教えてくれます。
MacとiOSアプリにはObjective-Cを使用します。
Mac開発者の場合、基本的な構文は既に知っている事でしょう。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料

Start Developing iOS Apps Today(4)~ツール

2012. 10. 21
ツール

Xcodeは、貴方のアプリの作成、ユーザインターフェイスの設計、テスト、最適化、そしてApp Storeへのアプリの出荷といった、貴方の開発ワークフローを管理するためのツールを提供します。
またタスクがいつでも使えるように焦点を当てたまま、貴方の作業スタイルに適するようにXcodeをカスタマイズする事ができます。

tools_2x

初めてのiOSアプリケーション』では、新規プロジェクトの作成、ユーザインターフェイス要素の追加、そしてソースコードの編集をどのように行うかが示されています。
アプリを作成した後、Xcodeを使用してテストやソースコードのデバッグ、アプリのパフォーマンスの分析と改善、ソース制御操作の実行、アプリをアーカイブしApp Storeへ提出などを行います。

この記事を参照:
Xcodeでのワークフローの管理』には、iOSアプリ開発のための重要なXcodeの機能が示されています。



参考文献

Apple/Start Developing iOS Apps Today

0 CommentsPosted in 資料





Bose QuietComfort 20
Calendar
09 | 2012/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent Articles
iTunes


Swift
Categories
Tips
Profile

水月杏香

Author:水月杏香
永遠の初心者プログラマ。

Wish List
WACOM


ARC
Technical Q&A
情報プロパティリストキー
Start Developing iOS Apps Today
BOSE

Bose QuietComfort 20
Reference
NSApplicationDelegateプロトコル
NSArrayクラス
NSAutoreleasePoolクラス
NSBundleクラス
NSBundle UIKit追加分
NSCalendarクラス
NSCoderクラス
NSCodingプロトコル
NSCopyingプロトコル
NSDataクラス
NSDateクラス
NSDateFormatterクラス
NSDictionaryクラス
NSEntityDescriptionクラス
NSEnumeratorクラス
NSErrorクラス
NSExceptionクラス
NSFetchRequestクラス
NSFileHandleクラス
NSFileManagerクラス
NSIndexPathクラス
NSIndexPath UIKit追加分
NSKeyedArchiverクラス
NSKeyedUnarchiverクラス
NSKeyValueCodingプロトコル
NSLocaleクラス
NSManagedObjectクラス
NSManagedObjectContextクラス
NSManagedObjectModelクラス
NSMutableArrayクラス
NSMutableCopyingプロトコル
NSMutableDictionaryクラス
NSMutableSetクラス
NSNotificationクラス
NSNotificationCenterクラス
NSNullクラス
NSNumberクラス
NSObjectクラス
NSObject UIKit追加分
NSObjectプロトコル
NSPersistentStoreクラス
NSPersistentStoreCoordinatorクラス
NSPredicateクラス
NSPropertyListSerializationクラス
NSRunLoopクラス
NSSetクラス
NSStringクラス
NSString UIKit追加分
NSTimerクラス
NSTimeZoneクラス
NSURLクラス
NSURLProtectionSpaceクラス
NSURLRequestクラス
NSUserDefaultsクラス
NSValueクラス

UIActionSheetクラス
UIActionSheetDelegateプロトコル
UIActivityIndicatorViewクラス
UIAlertViewクラス
UIAlertViewDelegateプロトコル
UIApplicationクラス
UIApplicationDelegateプロトコル
UIBarButtonItemクラス
UIBarItemクラス
UIButtonクラス
UIColorクラス
UIControlクラス
UIDatePickerクラス
UIDeviceクラス
UIEventクラス
UIFontクラス
UIGestureRecognizerクラス
UIImageクラス
UIImageViewクラス
UIKit Function
UILabelクラス
UINavigationControllerクラス
UINavigationItemクラス
UIPickerViewクラス
UIPickerViewDataSourceプロトコル
UIPickerViewDelegateプロトコル
UIPinchGestureRecognizerクラス
UIResponderクラス
UIScreenクラス
UIScrollViewクラス
UISearchBarクラス
UISearchBarDelegateプロトコル
UISegmentedControlクラス
UISliderクラス
UISwipeGestureRecognizerクラス
UISwitchクラス
UITableViewクラス
UITableViewCellクラス
UITableViewControllerクラス
UITableViewDataSourceプロトコル
UITableViewDelegateプロトコル
UITapGestureRecognizerクラス
UITextFieldクラス
UITextFieldDelegateプロトコル
UITextInputTraitsプロトコル
UITextViewクラス
UITextViewDelegateプロトコル
UIToolbarクラス
UITouchクラス
UIViewクラス
UIViewControllerクラス
UIWebViewクラス
UIWebViewDelegateプロトコル
UIWindowクラス

AVAudioPlayerクラス
AVAudioPlayerDelegateプロトコル

CADisplayLinkクラス
CAEAGLLayerクラス
CALayerクラス

CGAffineTransform
CGBitmapContext
CGColor
CGColorSpace
CGContext
CGGeometry
CGImage
CGPath

EAGLContextクラス
EAGLDrawableプロトコル

Foundation Constants
Foundation Data Types
Foundation Functions

MPMediaItemクラス
MPMediaItemArtworkクラス
MPMediaPlaylistクラス
MPMediaPropertyPredicateクラス
MPMediaQueryクラス
MPMusicPlayerControllerクラス

Randomization Services

System Sound Services
Amazon


OpenGL ES
SQLite
Monthly Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
RSS Link
Visitors
QR Code
QR